雨漏りの原因を作らないように、ルーフドレインの設置を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベランダや屋上は、屋内に水が浸入してこないように、防水処理をされていることがほとんどです。

モルタル防水、シート防水、アスファルト防水など、色々なタイプの防水の工法がありますが、

一様に屋内への浸水を防止する機能を持っています。

そして、ベランダや屋上は、基本的に水槽のような形をしていますので、水が抜ける箇所を

作ってあげないと、雨が降ることですぐにあふれるほど水が溜まってしまいます。

そのため、ベランダや屋上には必ず、水を流すための排水口が設けられています。

排水口は、ただ穴を開けておくだけでは、ゴミが流れていって排水管を詰まらせたり、

防水層との取り合いが上手くいかずに、屋内に水を進入させてしまいます。

それらを防ぐための排水口用の金具が、ルーフドレインという金物です。

20151016134731413_01

上記のように、防水には色々なタイプの工法があります。また、建物の構造も、鉄筋コンクリートや

木造、また鉄骨にサイディングを張ったものやALCを張ったもの等、色々なタイプがあります。

それぞれの防水や建物のタイプに合わせて、ルーフドレインも様々なタイプが販売されています。

それぞれの状況に適応したルーフドレインを選ばないと、雨漏りの原因になりかねず、大問題に

発展することもありえます。しっかりと把握して、ルーフドレインを選択してください。

20151016135312903_0001

 

1.ルーフドレインの材質を選ぶ

ルーフドレインの材質は、鋳鉄製、アルミニウム鋳鋼製、ステンレス製、ステンレス鋳鋼製、

樹脂製等、様々な種類があります。コストや使用場所の状況に応じて選択して下さい。

2067780101_LRG

カネソウ ステンレス鋳鋼製ルーフドレイン 打込型 塗膜・モルタル防水用 たて引き 差し込み式 ESMB-1 バルコニー中継用 75

2.使用される場所を選ぶ

ルーフドレインは、雨水排水用という性質上、使用される場所がほぼ決まっています。

屋上、バルコニー、外廊下、庇屋根、廊下、外階段踊場等です。それぞれに適応した

形状のドレインが揃っています。

2053630101_LRG

カネソウ 鋳鉄製ルーフドレイン 打込型 アスファルト・シート防水用 たて引き 差し込み式 ESP-1 屋上用 65

3.防水の工法から選ぶ

上記のように、防水には色々なタイプの工法があります。それらに合わせてドレインも

種類が分かれていますが、主に「アスファルト防水、シート防水、FRP防水」に使用するタイプと

「塗膜防水、モルタル防水」に使用するタイプに分けられます。

使用される防水の工法がどのタイプか、把握して選択して下さい。

2070910101_LRG

カネソウ アルミニウム鋳鋼製ルーフドレイン 打込型 アスファルト・シート防水用 たて引き 差し込み式 EHSR-1 バルコニー・庇・屋上用 75

4.建物の構造から選ぶ

建造される建物の構造によって、使用されるドレインが違ってきます。

RC造、SRC造、S造、木造など、それぞれの構造に合わせて様々なタイプが揃っています。

2063940101_LRG

カネソウ 鋳鉄製ルーフドレイン デッキプレート打込型 塗膜・モルタル防水用 たて引き 差し込み式 EDMF-1 廊下・踊場用 65

5.排水形式を選ぶ

屋上やバルコニーから排水管を通って排水されるのですが、そのパイプをまず下へ向けるか、

または横へ向けるか、それによって「タテ引き」と「ヨコ引き」のタイプに分かれます。

その際、タテ引きを選ぶ場合はスラブ厚を、ヨコ引きを選ぶ場合には壁厚を、

それぞれ把握しなくてはなりません。特に先付け工法で打込型を選択する場合には、

これらの厚みからスペーサーの長さが決まりますので、注文時にはスラブ厚や壁厚を確認して下さい。

2055570101_LRG

カネソウ 鋳鉄製ルーフドレイン 打込型 アスファルト・シート防水用 よこ引き ねじ込み式 EXC 屋上用 100

 

以上のように、ルーフドレインを購入する際には、取付けられる使用場所の情報をいくつか

把握しなければなりません。少々面倒ではありますが、これを怠ると、雨漏りの原因を

作ってしまうことになりかねません。

ご不明な点がありましたら、お気軽に加藤金物までお問合せ下さい。

80余年の確かな知識で、皆様をサポートさせていただきます。

文責:加藤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加