ディスクグラインダは、危険で便利な電動工具

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電動工具の使い勝手の良さについて、皆様には再三お伝えしてきましたが、数ある電動工具の中でも、ディスクグラインダは群を抜いて使い勝手の良い電動工具の1つです。

g13sh5

日立工機 電気ディスクグラインダ G 13SH5

 

ディスクグラインダは、ベビーサンダーともディスクサンダーとも、また単にサンダーとも称される電動工具です。その歴史は古く、1890年頃発明されたと言われています。

ディスクグラインダは、「グラインダ」という言葉の通り、本来は研磨や切削を行う際に使用する道具ですが、その使い勝手の良さから、砥石を交換することにより様々な用途に使用されています。

金属、コンクリート、石材、木材等各種材料の切断、研磨、切削等、幅広い用途で使用されています。

1504430101_LRG

マキタ ディスクグラインダ 9535B 青

 

ディスクグラインダは、その単純な構造故に、非常に多くの状況において使用されていますが、その単純な構造故に、安易に考えてしまい、近年ディスクグラインダを使用した際の事故が多くなってきています。

電動工具の使い方<こちら>でもご紹介しましたが、電動工具は人間の力では困難な作業を、簡単に行うことが出来る反面、その強い力は、人間の身体を傷つけてしまう危険性があります。

ディスクグラインダも例外ではなく、更に数ある電動工具の中でも一二を争うほどに、危険性が高い工具の1つですらあります。
ですので、電動工具の使い方でもご紹介した通り、保護具は必ず着用して下さい。

更に、取扱説明書ももちろん、しっかり読んでいただきたいのですが、その中で特に気を付けていただきたいのが、砥石のカバーについてです。

カバー

まず第一に、決してカバーを外した状態では、決して使用してはいけません。
当然ですが、安全のためにカバーは付けられています。使用する状況によっては、カバーを外した方が使用しやすく、効率が良い場合があります。
しかし、カバーを外すと、怪我の危険性が非常に高くなります。
ですので、決してカバーを外した状態では使用しないで下さい。

更に、カバーにはいくつかの種類があって、使用する砥石等によって、付けるカバーが決まります。
標準付属のカバーでは、研削砥石、ダイヤモンドカッター、サンディングディスクで使用が可能です。
切断砥石、チップソー等に関しては、専用のカバーを付けなければ使用してはいけません。

これらは全て、「労働安全衛生規則の研削盤等構造規格」という国のルールに則っています。

104-1_01

切断砥石に関してですが、各メーカーが専用の取替カバーを発売しており、切断砥石を使用する場合は、これらのカバーに付け替えなければ切断砥石は使用してはいけません。

882181F0_A5647_01

また、チップソーに関してですが、独立系のメーカーが、ディスクグラインダでチップソーを使用するためのカバーを発売しております。

NKS100_Leaflet(PDF)_01

ナカヤ スパークバスター

この商品を使用すると、チップソーを100Φ用のディスクグラインダで使用することが出来るようになります。
チップソーだけでなく、切断砥石やダイヤモンドカッターについても、これらの製品を装着することにより、より安全に使用することが出来ます。

カバーを外してディスクグラインダを使用している施工職の方をたまに見かけますが、上にも書いたように、非常に危険ですので、必ずカバーを取り付けましょう。

ディスクグラインダは、安全に留意して使用すれば、パワーも強く、取り付けられる砥石も非常に多くの種類がありますので、選択肢が広く、現場での加工が容易になるはずです。

ディスクグラインダを上手に使用して、手間を減らしてコストダウンを実現し、利益を高めていきましょう。

文責:加藤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加